ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ整理整頓・収納術 > はじめに > 整理整頓と収納・片付けの違い

整理整頓と収納・片付けの違い

不要品の処分 → 整理整頓 → 収納 → 片付け → 掃除

掃除が大変なのは片付けができていないから。片付けが大変なのは収納ができていないから。収納が大変なのは整理整頓ができていないから。整理整頓が大変なのは不要品の処分が済んでいないから。片付けや掃除は、整理整頓からスタートするのです。整理整頓ができていればモノを収納するのはラク。収納ができていれば散らかったモノを片付けるのもラク。片付けができていれば余計なモノが床やテーブルにないので、掃除もラクです。

整理整頓された家を一度完成させれば、面倒な片付け・掃除から開放されるのです。

整理整頓された家は、なかなか散らかりません。なぜなら片付けるのがラクだから。整理整頓を極めれば、床やテーブルに余計なモノがなくなるので、掃除もラクになります。

【できるズボラー】 になるために、一番大事で一番近道なのが整理整頓です。

では、究極の整理整頓とは何でしょう。それは、使うモノを・使う場所に・使いやすく置くこと。美しく見せることより、使いやすくすることが大事。

毎日使うフライパンが、押入れの中にあったら面倒ですよね。リビングのテレビのリモコンが、キッチンの食器棚にあったら面倒ですよね。これは想像するだけでも面倒だと思うはず。使う場所からだいぶ遠いイメージですから。ですが、ここまでではなくても、生活をしていて面倒だな、と思う行動があると思います。そこにはきっと、無駄な動きがあるのです。例えば、封筒を切るためのハサミ。手紙を置く場所の近くにありますか?ゴミ箱も近くにあると不要な手紙をすぐに捨てられます。他には、ゴミ袋のストック。これは、ゴミ箱の底に入れておくと便利ですね。

とにかく、近くにモノを使う場所の近くに置くということが基本です。全てのモノを手を伸ばすだけで届く距離に置ければ、これだけで生活がグンとラクになります。よく使う調味料の位置、ゴミ箱の場所、よく読む本の場所などを、「本当にここでいいのか」 と問い掛けながら生活してみると、もっと使いやすい場所が見つかるかもしれません。いい場所が見つかったら、一度変えてみて、しばらく生活してみるといいでしょう。ラクになったと感じたら、その場所が合っている証拠です。それでも散らかってしまうようでしたら、新たに別の場所を探してみてください。