ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ整理整頓・収納術 > 整理整頓・収納の問題点 > ズボラーが片付けられない理由その2

ズボラーが片付けられない理由その2

完璧主義

ズボラーが完璧主義?そんなわけない、と思う方もいるでしょう。もちろん、ズボラーみんながそうとは限りません。片付けが嫌い、散らかっていても気づかない、という方は完璧主義とはいえないでしょう。

ですが、片付けたいのに片付けられない、頭ではわかっているけど行動できない、という方は完璧主義がゆえに片付けられないという、悪循環に陥ってしまっている可能性が高いのです。

本来は、このような方はズボラーとは言わないのでしょうが、ここでは”片付けられない” というつながりで書いています。完璧主義なのにどうして片付けられないかと言うと、完璧にできない苦痛が伴うからだと考えられます。完璧主義がゆえに何でも ”完璧” にやりたいのです。また、マナーを大切にするので ”マナーを守ろう” とするのです。

ゴミを出すのも色々なマナーがありますよね。テレビや雑誌では、モデルルームのようにキレイな部屋が紹介されていますよね。完璧主義タイプの方は、細かいところも全て完璧に、と思ってしまうのです。

  • 小さな引き出しの中からキッチンの隅々までピカピカに。
  • レシートは全てチェックしてからでないと捨てられない。
  • ペットボトルのゴミは、洗ってラベルとキャップをはずして、つぶして別々の袋に。
  • ゴミは必ず○○時~○○時までに出す。

1回ならできても、生活しているうちにまた散らかってしまう。また完璧な状態にしようと努力する―――。こんな繰り返しでは身も心も疲れてしまいます。

このような方は、もう少し力を抜いて、ラクに考えてみましょう。”完璧” でなくてもいいんです。全てのマナーを守れる人なんて、なかなかいません。自分にできる範囲でやればいいのです。全てのモノを見ようとすると疲れてしまいます。たまには目をつぶって細かなレシートは処分、というように気楽にやりましょう。

ペットボトルなど、捨てるのが面倒なモノはできるだけ家に持ち込まないようにしましょう。捨てるモノ・捨てないモノの見分け方を参考に、モノを処分するのもお薦めです。その前にできるだけモノを増やさないようにしましょう。