ズボランド できるズボラーのズボラ術

ズボランド > ズボラ整理整頓・収納術 > 整理整頓・収納ルール > 全てのモノを立てる

全てのモノを立てる

立てれば片手でラクに取り出る。

横に置かれたモノの上にはさらにモノを重ねてしまいがち。重なったモノの山から下のモノを取るのは困難です。『上のモノをどかして取る』 という動きには無駄があります。無駄な動き=面倒 となって片付けられなくなってしまうのです。無駄な動きを減らしましょう。

立ててあるモノは片手でラクに取り出せます。また、一目で在庫を見渡せるので目的のモノがすぐに見つかります。横になっていると下の方にあるモノは上のモノをどかさないと見えません。このようなモノの山を作ってはいけません。 近くにモノの山があったら崩して立てていきましょう。

簡単なモノから立てる

まずは簡単に、本やCDなど立てやすいモノを立ててみてください。ジャンルや高さの同じモノ同士をまとめまて立てます。それだけでだいぶスッキリするはず。次に、引き出しの中のモノを立ててみましょう。高さが限られるので立てられないモノもあるかもしれませんが、大事なのはモノを重ねないこと。上から見た時に一目で在庫が見渡せるようにしましょう。衣類なら丸めたりして、できる限り寝かせないで立てください。他にも冷蔵庫の中や扉の中、シンクの下など横になって重なっているモノがあったら、「これ立てられるかな」 と考えてみましょう。立てにくいモノでも、牛乳パックや空きペットボトルを活用すると立てやすくなります。